旺季志ずかさん 講演会

【旺季志ずかさん 講演会】
有名な脚本家であり、「臆病な僕でも勇者になれた七つの教え」の
作者 旺季志ずかさんに、お話し頂きます。

「臆病な僕でも勇者になれた七つの教え」の本を、どうして書かれたか
そして、今の子供たち 大人たちに、この本からどういうメッセージを伝えたいのかを
ゆっくりと おききしたいとおもいます。


日にち 2017年4月15日 土曜日

時 間 午前 午前13時から16時まで
    開場 12時30分

場 所 相模大野 ユニコムプラザさがみはら

    小田急線 相模大野駅前 
    bono相模大野 サウスモール3階
    http://unicom-plaza.jp/access/

会 費 3,500円  (事前申し込み、入金済みの方)

定 員 100人
    ※当日参加 4,000円
     当日会場にてお支払の方はこちらとなります。

-------------------------------------------------------------------------------------------


◎旺季志ずかさん プロフィール

作家。脚本家。
徳島県阿南市出身。

立教大学卒業後、女優を志すも挫折。
シナリオライター松本功に師事し脚本家に転身。

日本放送作家協会主催、NHK後援、創作テレビドラマ脚本懸賞に
「妖精の詩が聞こえる」で佳作入賞。

高層ビルガラス清掃から銀座ホステスまで50種類の職業を経験し、
ド貧乏、シングルマザー、イジメ不登校、共依存、
恋愛依存、セックスレス、熟年結婚、ステップファミリーなど、
あらゆるテーマを実体験からつづれるのが強み。

業や運命に翻弄される人間を残酷なまでの目線で描く
旺季ワールドは業界内でもファンが多い。


テレビドラマ「カラマーゾフの兄弟」「女帝」
「ストロベリーナイト」「正義の味方」
「特命係長 只野仁」「トイレの神様」
「佐賀のがばいばぁちゃん」はいずれもヒット。

世界中を旅し自己を探求する旅を続けてきた自称、心理オタク。
受講したセミナー、
ワークショップは心理学から、精神的なもの、
からだを整えるものまで多岐にわたる。

「シナリオづくりから学ぶ主役になって人生を遊びにする法」
「自分の才能(ソウルビジネス)を見つける法」

「艶のある人生のためのメイクラブ」など多岐にわたった
テーマで講演活動を行っている。

「絶望の中に希望を描く」をモットーに、ポジティブで
たくましい感性で人生を捉え、
悩める社会人の為に ブログ「ドス恋人生の極め方〜人生はワクワクジグソーパズル!」を発信している。

2013年〜、徳島県あなんふるさと大使。

◆作品一覧

単発ドラマ

世にも奇妙な物語(フジテレビ系) oukishizuka_drama
秋の特別編「ドラマティックシンドローム」(2001年)

秋の特別編「知らなすぎた男」(2002年)
秋の特別編「不幸せをあなたに」(2004年)

秋の特別編「過去が届く午後」(2005年)
特命係長 只野仁スペシャル(テレビ朝日系)

「会いたかった〜代理母出産という選択」(フジテレビ系、2007年)
三十万人からの奇跡〜二度目のハッピーバースディ〜
(テレビ東京系、2008年)

「おふくろ先生の診療日記3」(毎日放送)
その時までサヨナラ(WOWOWドラマW、2010年)

トイレの神様(毎日放送)
東野圭吾3週連続スペシャル・回廊亭殺人事件
(フジテレビ系、2011年)

エンドレスアフェア〜終わりなき情事(前後編)(LaLaテレビ、2014年)
光る崖(フジテレビ 2016年)

連続ドラマ
はぐれ刑事純情派(テレビ朝日系) o

温泉へ行こう2、3、4(TBS系、2000年、2002年、2003年)
パパ トールド★ミー 大切な君へ(NHK、2003年)

特命係長 只野仁(テレビ朝日系、2003年、2005年、2007年)
アットホーム・ダッド(フジテレビ系、2004年)

ガチバカ!(TBS系、2006年)
女帝(テレビ朝日系、2007年)

スワンの馬鹿!〜こづかい3万円の恋〜(2007年10月-、フジテレビ)
正義の味方(2008年7月、日本テレビ系)

とめはねっ! 鈴里高校書道部(2010年、NHK)
女帝 薫子(2010年、テレビ朝日)

モリのアサガオ(2010年、テレビ東京)共作
桜からの手紙 〜AKB48 それぞれの卒業物語〜(日本テレビ、2011年)

バラ色の聖戦(2011年、テレビ朝日)
ストロベリーナイト(2012年、フジテレビ)

Wの悲劇(2012年 テレビ朝日)
償い(2012年 NHK BSプレミアム)

カラマーゾフの兄弟(2013年、フジテレビ)
黒服物語(2014年、テレビ朝日)

映画
「借王」「借王2」(和泉聖治・香月秀之監督 1997年)
「こころざし〜舎密を愛した男」(2010年)

「エンドレスアフェア〜終わりなき情事」(2014年)

舞台
「ビューティ演劇〜14番目の月」(2013年 シブゲキ)

著作
「世にも奇妙な物語」〜悲鳴〜、〜赤〜 (2002年、2003年 角川文庫) oukishizuka_drama2

「特命係長 只野仁 リターンズ+スペシャル」(2009年 グリーンアロー出版社)

講演

「好きを生きる」(2012年4月ねっと99夢フォーラム)
「人生はドラマ以上にドラマ!」(2013年6月志縁塾)
「脚本家・旺季志ずかが語る恋愛観、結婚観」(2013年11月徳島若者育成セミナー)
「人生はドラマ以上にドラマ!第二弾〜恋愛、結婚について」(2013年12月志縁塾)
「自分史を物語にするシナリオ講座〜5回シリーズ」(2014年2月〜3月志縁塾)
「旺季志ずか・松澤壱子のエレガント講座〜幸せのピースを探して(2014年5月リーガロイヤルホテル)
「シナリオづくりから学ぶ人生を遊びにする法」(2015年1月 徳島県阿南市生涯学習講演)
ほかに、中学校・高等学校などで講演多数。

セミナー
「自分史を物語にするシナリオ講座」(2014年1月〜3月志縁塾)
「出版戦略セミナー いま売れる小説とビジネスライトノベルの可能性」(2016年2月 エリエス)
旺季志ずかさん


講演会の入場券は、お送りしていません。チケットレスです。
お申し込み後、ご入金の確認できた時点で、講演会ご参加の名簿に登載致します。
当日は、受け付けでお名前を言っていただければ、入場できます。
このことについての詳しいことは、お申し後のメールで、ご案内いたします。


※詳しくはご注文・ご入金後のメールをご覧いただき、当日入場までメールを保管ください。
※万が一、メールが届かない方は、お問い合わせ、またはこちら(info@snb-omega.com )までご連絡ください。
型番 O-20170415
販売価格
3,241円(税込3,500円)
購入数