【紹介の本】生死(いきたひ)生前49日

内容(「BOOK」データベースより)

妻はなぜ夫の死を映画にしたのか。天地合同製作ドキュメンタリー映画『いきたひ』が誕生した理由と必然性。




目次
―――――――――――――――――――
プロローグ:

第1章 参道

第2章 生前49日

第3章 昇華

エピローグ

後書き







著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

長谷川ひろ子

ドキュメンタリー映画『いきたひ』監督。
フリーアナウンサー。健康体操教室・スタジオMother’s主宰。
シンガーソングライター。元埼玉県日高市教育委員。

秋田県生まれ。地方局アナウンサーを経て結婚。4児の母となる。
末期がんの夫を家族とともに自宅で看病しながら、その姿を撮影。

生還を信じて撮影した夫の闘病生活だったが願いは叶わず、2009年、夫は他界。
3年後、まったくの素人ながら映画製作を決意。
脚本、ナレーション、編集、音楽の作曲・演奏・歌などほとんどすべてを自ら担当し、2015年4月に完成させた

長谷川秀夫

薬学博士。新潟県生まれ。京都大学大学院修了。
製薬会社の研究員を経たのち、2002年、生薬発酵研究所を設立。
独立行政法人理化学研究所研究員。2005年、日本サプリメント臨床研究会代表理事就任。

2009年、5月に耳下腺がんを発症し摘出手術を受けるも、同年9月に再発し「余命半年」との宣告を受ける。
余命宣告を受けたのち日記『自分誌』を付けはじめる。

自身の生還が多くのがん患者の希望を生むと考え、闘病記録の映像撮影を妻に依頼する。
同年12月14日没(享年47歳)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

販売価格
1,200円(税込1,296円)
購入数