神からの手紙 第3巻


生きるってどういうこと 何のために生きているのだろう。
そんな疑問を持った時、 生き方について、考えるヒントになります。
きれいなハンドブックです。
やさしい文章でわかりやすく書いてあります。
何気ないひと時に、どうぞ開いてみてください。


第6章 人の生き方

まえがき

人は肉体をもって、この世に生まれました。その肉体を命と呼んでいます。
人はこの世に生を受けたことを、喜んでいるのでしょうか。
この章では、人の行き方について書いていきます。

【目次】

人はなぜ生きるか  生きる意味     生き方は命 

生き方の選択     生きるということ  生きる悩み

生きる輝き      生きる速さ     生きると祈り

生きるとは定め  生きる勇気  生きるは実り

生きるは幸い  生きるは別れ  生きる迷い

生きる美しさ  まず 生きる  今を 生きる

生きるは出会い


第7章 祈り

まえがき

祈りとは、人の思いを伝えるものです。
人の思いは、すべて祈りとして、神に伝えられます。
人は祈りによって、神の言葉として、自分の思いを
伝えることができます。

【目次】

祈りとは   祈りはすべてのもと  神の祈り

祈りのわけ  祈りの始め  祈りの証

祈りと愛  祈りと命  祈りの在り方 

祈りは始まり  祈りの生かし方  祈りの場所

祈りの範囲  祈りはいつもある 祈りは働き 

祈りは意志  祈りの終わり  祈りは花

祈りの結実


第8章 この世

まえがき

この世とはなんでしょう。この世とあの世の違いはなんでしょう。
この違いについて記していきます。
この世について、あの世について
その違いを理解して、自分が今どこにいるのかを、
しっかりわかって下さい。

【目次】

この世とは何か   この世の仕組み  この世とあの世

この世の在り方  この世はどうしてあるのか  この世はありのまま

この世はわかりやすい この世はいつも明るい  この世の範囲 

この世は辛い  続・この世の範囲  この世はいい

この世は始まる  この世の長さ  この世の始まり 

この世の悪  この世は楽しい  この世の明かり

この世はあなたの世界 この世はやさしい


あとがき

私は人生での疑問を沢山持っていました。
そのことを大いなる存在にたびたび問いかけていたところ、
ある時からお手紙を頂くことになりました。
この手紙から、私は少しずつ大切なことを学んでいます。

いつも神から愛されていること
この肉体をもって、この世で生きていることはすばらしいことであること
そして神は自分の内にあると、繰り返し語られます。

この手紙をお読みになるあなたに、
限りない祝福がありますように、お祈りいたします。

たいら つばき


【発行】

 新日本文芸協会 Ω  

 A5版 192ページ


販売価格
1,500円(税込1,620円)
購入数